スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
基本スペックと推奨スペック
UCGOの無料DLが始まってからしばらく経ちますが、新兵さんを見かけるようになりました。

しかし、相変わらず「UCGOを快適にプレイするにはどのくらいのPCスペックが必要なんでしょう?」

この質問が絶えません。
この問題に関しては「過去ログを見てください。」とか「自分で調べてください。」では解決のしようがありません。

現に、未だに公式ページの推奨スペックは全く更新されていません。

製品版を買った人は、パッケージの必須(もしくは推奨)スペックを見て「自分のPCは条件を満たしている」ので購入しているはずです。

推奨スペック = ゲームが快適に動作するスペック

と理解するのが当たり前で、製品を購入する側に全く問題はありません。

しかし、購入後家に帰ってインストール→アップデートして立ち上げてみると、画面はコマ送りで戦闘はおろか、生産もままならない状態に陥って悲痛な叫びを聞いてくれ!となるのも無理はないでしょう。

公式ページで、Pentium 4 2.0GHz以上と言われて、Pen4 3.0GHzのユーザーはさぞ快適に動作するだろうと考えるのは当然でしょう。

しかも、当初はベンチマークスコア2500で快適に動作します。

と謳っていたのに、ベンチマークスコア5000弱では大規模だけならまだしも、中規模のPVPでも戦闘はままなりません。

更に、アップデートの度に実際の推奨環境は高スペック化していっています。

今月のアップデートで、UCGOは間違いなくCore2Duo E6700以上の(Athlon FX-60でギリギリ。C2D E6600のわたしは置いてけぼりになるかも・・・。)専用ゲームへと変わるでしょう。


現時点での基本スペック(推奨スペックは高すぎてありません。)

CPU: Intel Core 2 Duo E6700(これだけが大事)
RAM: 1G以上あれば基本的にDDRでもDDR2でもOK
(RAMは1G以上あれば2Gに増やしてもそれほど違いは感じません。)
VGA: GF6800GT(CPUにお金かけたいなら正直6600GTクラスで十分です。)

CPUは常に100%フル稼働です。
CPUの温度を常時監視出来る状態をお勧めします。(C2Dは発熱量がそれほど大きくないので、水冷でなくても大丈夫です。)

それよりも、



公式できちんとしたスペック掲載して!
スポンサーサイト

テーマ:UCGO - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。