スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンチ5000時代
今日は暇なので2度目の更新。

今回はPCと言ってもパソコンのお話。
UCGOはβ版から製品となった時点で、ベンチマークソフトが2500前後で快適に動作すると言われていました。

しかし、近接攻撃時の1度目の大型実装、鉱山実装時の2度目の大型実装、宇宙実装の3度目の大型実装、機体追加等の数度のマイナー実装を繰り返した結果、ベンチマークスコアが3000台でも苦しい時代になりました。

更には、ベンチスコア3400から始め、今では毎回4850程度のわたしのPCですが、快適プレイにもそろそろ陰りが見え始めてきました。人口密度の低いサザンクロスでさえも、街に近付くと少しカクカクします。

そろそろ4000台ではみんなに置いていかれる事でしょう・・・。
そこで、次のターゲットを見定めているところです。

もちろん、過去の経験より、UCGOはVGAにお金をかけるのはナンセンスだと気付いたので、CPUに焦点を合わせます。

現在わたしが注目しているのが、AMDだとAthlon64 FX-60(ちらっとFX-62も脳裏をかすめたけど金銭的にFX-57かな^^;)で、IntelだとCore 2 Duo E6600です。

FX-60だと、CPUのグレードアップのみで、残りの部品は使い回しが可能なので、金銭的にも作業的(HDDクリーンにしなくてもOK)にもかなり楽です。
E6600だと、マザーとメモリ(DDR2 4200が1Gx2枚あるので買わなくても良いっちゃあ良いけど・・・533MHzじゃFSB1066のCore 2 Duoに見劣りしすぎ・・・。)も買わないといけない上に、クリーンインストールが邪魔くさい。

クロック数を見ると、FX-60の2.6GHzに対して、E6600は2.4GHz。しかし、FX-60とE6600単体を比べた場合、FX-60のL2キャッシュは1MBで、E6600のL2は4MB程あります。

しかし、FX-60(もしくは安く済ます為にAthlon64x2 4800+ ソケット939)だとCPUのみの値段で8万弱(64x2 4800+は4万弱)。
E6600だと、CPU約4万+マザー3万弱+メモリPC2-6400(コルセア製)4万弱の10万ほどとなります。

さあ、決断の時。

Athlon64 FX-60にするのか。
Core 2 Duo E6600にするのか。

何も買わないのか!
スポンサーサイト

テーマ:UCGO - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
E6600買いました
はじめまして。いつもROMさせていただいてます(ジ兵ですがw)。
私も前はP4の3Gでベンチ3000くらいでした。
E6600発売日に深夜並んで買いました^^
ノーマル状態でベンチ5000と文句無い性能でした。
オーバークロックしたらベンチ7000とかでましたしw

そいでわ ノシ
2006/09/14(木) 01:05:05 | URL | 名無し #-[ 編集]
>名無しさん
コメントありがとうございます<(_ _)>&いつもつたない文章と内容のなさですみません><;

ノーマルで5000ですか!!!やっぱりE6600なんですかねぇ。^^;
OCでベンチ7000・・・もう目指せベンチ5000なんて言ってられませんね。><;
2006/09/14(木) 09:07:31 | URL | ショーン #q8nWFfH2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。