スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモリ
忘れてしまう前に昨日気付いたことを。

昨日、UCGOを延々4時間ONしたままでいると、これまで何の問題なかったのに突然画面がカクつき始めました。4時間というのは昨日だけでなく、それ以前にも大体同じような感覚がありましたが、昨日は始めて時計を見ました。w
いつもはログアウトして再ログインしてたのですが、面倒くさいのでシステムの状態を見よう!と思い、たまたまメモリクリーナーに付属している物理メモリの残高を見ると残り 0%。(PC3200 1G x 2枚 = 2G)

メモリクリーナーを起動していると、掃除する時にUCGOが一瞬フリーズするので普段はUCGO起動前、終了後にクリーナーを実行していました。
でも、MSにも乗っていないのでUCGO起動中に掃除してみると、物理メモリの空きが60%まで開放されて、画面は最初にUCGOにログインしたみたいに、最初に街の座標だかなんだかを読み込むまではカクついていたのですが、それ以後はまた快適に動作しました。

CPU使用率100%、物理メモリ残量0%・・・あな恐ろしや・・・。

これで開発のPCには最低2Gのメモリを積んでいるであろうと予測。
基本的に1Gあれば動作自体はOK。容量増やせば連続起動時間が長くなるって事はないかな?^^;

その前に、戦闘中でもフリーズしない、CPUを最低限しか使わないメモリクリーナーを探そう。
スポンサーサイト

テーマ:UCGO - ジャンル:オンラインゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。